ABOUT

「北風と太陽」のイソップ寓話では、北風は厳重、太陽は寛容、という形容がされていたりします。説得は暴力に勝る、という教訓にもなっているようです。この物語では「北風」のネガティヴな側面を取り上げていますが、

「北風は自分に真摯にできることを精いっぱい愚直に、

 問題に真摯に向き合って、全力で取り組んでいる。」

とは読み取れないだろうか?…という歪曲な理由付けをして、「北風」という言葉を屋号に用いました。このひねくれた読み取り方はマイノリティだと思いますが、「家具を手入れ・修理しながら永く使う」という考え方がまだまだマジョリティではないこの日本で、家具を生業にするということが詰まるところマイノリティであり、愚直かつ真摯に取り組まねばならないことだと考えています。

 衣食住の中で比較すると「住」に関する意識が浅く、投資価値が低く見られていると思しき日本。それでも「真の豊かさ」や「生きる意味」を考えざるを得ない昨今の情勢に、使い捨てではなく「ずっと使い続けられるもの」、安かろう悪かろうではなく「高くても良いもの」を求める価値観を持つ人が増えてきているのではないでしょうか。

 「北風works」ではそういう価値観を持つ方々が求めるものを提供できるように、家具作りに取り組んでまいります。オリジナル商品はもちろん、フルオーダーにもお応えいたします。お気軽にご相談ください。

北風works

005-0850 札幌市南区石山東7丁目2-37

TEL 011-557-7826

FAX 011-557-6578

mail letter@kitakaze-works.com

打ち合わせや納品のため不在にしている場合がございます。ご来店の際には事前にご連絡くださいますようお願いいたします。また、外出中や作業中で電話に出られない場合もございます。留守番電話にお名前とご連絡先を残していただけましたら、折り返しご連絡差し上げます。ご理解とご了承のほどよろしくお願いいたします。

Biography

梅原 紳一郎

1977年札幌生まれ

~2000

建築学専攻/修了

2000~2002

輸入家具店勤務 / 家具販売・配送・組み立て

2003~2011

「北の住まい設計社(北海道上川郡東川町)」勤務 / 家具製造

2012~

「北風works(北海道札幌市)」設立

着るものも食べるものも、生きる上では必要な要素。住まいもまた然り。味には無頓着でお腹がいっぱいになればそれで良し。着るものは気に入ったら同じ服をずいぶん長く着続けます。そんな人間ですが、住まうことに関しては何故か思いが強いのです。小さい頃は大工さんに憧れ、青春時代は建築家に憧れて、ぐるっと回って?就いた仕事は家具職人。幼心に少女が「お花屋さんになりたい」と夢見るが如く、「家具屋さんになりたい」と思い続けて今に至ります。幼少の頃より教会学校(福音主義プロテスタント教会)に通い、聖書の価値観に触れて過ごしてきた背景があり、その価値観をベースに『普遍的であること・永続的であること』が如何なるかを具現化すべく家具製作に邁進……、と それほど高尚なことは言いませんが、シンプルにスマートに、優しく温かく、そんな家具作り・空間づくりをしていきたいと思っています。

『私は一つのことを主に願った。

私はそれを求めている。

私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。

主の麗しさを仰ぎ見、

その宮で、思いにふける、そのために。』

聖書【詩篇27:4】

  • Facebook ブラックアイコン
  • Instagram ブラックアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

© 2012~2020 Kitakaze works <利用規約